新潟県長岡市テックタクト(株式会社久住建築地盤改良部門)

住宅会社様の声

テックタクト様

年々厳しくなる柱状改良の残土処分。
残土レスのCPP工法はその突破口。


新潟県長岡市テックタクト
ハウスメーカー・久住建築の地盤改良部門。自社案件のみならず、地域一帯の地盤改良を広く行う。後工程や他業範囲を十分に理解し、ハウスメーカーの事業を考慮した工事提案には定評があり、施工件数は年々上昇し続けている。


 

業界には残土が出ない工法が求められている

今、柱状改良の残土に関わる状況は厳しいものになっています。昔みたいにどこでも捨てる事ができる状況ではなくなりました。処理費用は上がりましたし、残土処分場には監視員がいます。今まさに、残土が出ない工法が求められていいるんです。


CPP工法を導入したきっかけ

弊社では、基礎屋さんとタッグを組んで仕事をしており、地盤改良で出た残土も一緒に処分してもらっていました。地盤改良と言えば柱状改良が一般的でしたから、セメントが混じった残土が大量に出る。本来、セメントが混じった残土は産業廃棄物扱い。昔はなあなあでやっていました。基礎屋さんにも、残土が出ない良い工法内の?と良く聞かれました。残土の処分費用も上がり、それが価格に跳ね返ってきます。頂上改良が確かに材料費は安いですが、この残土の処分費用が足を引っ張る。
そんな時、たまたま仕事を受けた工務店さんからCPP工法っていうのがあるよ、と聞いたんです。調べてみると良さそうだ、ということで導入いたしました。


CPP工法の評判は?

みんな喜んでますね。まず価格競争力が強い。残土処分や水の手配といった面倒な問題を解決できるし、複合地盤設計によって杭長も短くなります。
安いというのは単純にお施主様にとってはありがたいですし、周辺の方にとってみても、セメントを使わないというのは飛散トラブルや土壌汚染などに対して安心感があります。
CPP工法では土が減少するので、基礎屋さんもすき取りの際の搬出量が減って大助かりです。



基礎工事

CPP工法では残土が出ないだけでなく、写真のように締固めを行う際に土が圧縮される。それにより基礎工事の際の土のすき取り量が減少。杭の長さにもよるが、ダンプ1台分以上の土が減ることもある。


 


CPP工法で気に入っている点

何度も言いますが、まず残土が出ない。それと水が不要。それ以外の点として、設計が理にかなっている、という所が気に入っていますね。前から柱状改良は住宅向けとしては過剰設計だよな、とすっと思っていたんです。
もっと安くもっと簡単に安全な改良ができるはず、と考えていました。
CPP工法は複合地盤という概念で、土地の支持力を考慮している。設計段階でちゃんとそこを見ているから、低価格、だけど必要十分な改良、というのが達成できているんですよね。
既存の地盤改良の問題点を解決した新しい工法になっていて素晴らしいと思います。


テックタクト様

株式会社久住建築 テックタクト
 
〒940-2115
新潟県長岡市下山2丁目2421-2
TEL:0258-22-5339
FAX:0258-22-5338
代表取締役:久住 直樹
事業内容:注文住宅・住宅設計・住宅施工


 

お問い合わせ

tel.025-282-7676

受付時間:9:00時〜17:00時 (土日祝を除く)

メールでのお問い合わせはこちら