施工概要

施工概要

  CPP工法の施工は、住宅用地盤改良機1台、ミニバックホー1台、各オペレーター1名、手元作業員0~1名の重機2台、人間2~3名です。

 セメントを使用しないためプラントやユニック車が不要であり、込み入った住宅街といった狭小地でも交通誘導や通行止めをする必要がありません。また鋼管杭と比べても、杭そのものの重さが全く違いますので、置いた鋼管が重機の施工を妨げるなどということはありません。

 施工に水や電気を必要とせず、セメントの養生期間も必要ないため、日程の段取りがしやすいという長所もあります。

施工のフロー

杭芯合わせ・先端翼セット

CPPロッドが鉛直であることをオペレーターが確認した後、杭芯に合わせます。
その後、ホルダーに先端翼をセットします。

杭芯合わせ

回転圧入

 回転圧入を開始します。 回転させるだけでなく、押し込みながら回すことでより高速に施工することができます。

回転圧入

設計深度-1m到達・細径鋼管挿入

 設計深度-1mまで到達したら回転圧入を停止させ、ロッドを切り離します。
 その後、細径鋼管を挿入します。細径鋼管を回転させ、内部で先端翼と細径鋼管が確実に固定されていることを確認し、切り離したロッドを再接続します。

設計深度-1m到達
細径鋼管挿入

設計深度到達

設計深度まで回転圧入します。

設計深度到達

逆転引き上げ

ロッドを逆転させる事で地中で先端翼ホルダーより先端翼が外れます。
このときサインロッドが制止していることを確認してください。
周囲の土を薄く削り取りながら、掘削孔へ土を投入します。
ロッドの掘削翼が逆転することで、土を押し固め、細径鋼管をしっかりと保持します。

逆転引き上げ

レベル確認

ロッドを完全に引き抜いた後、杭頭レベルを確認します。

レベル確認

杭頭キャップ設置

キャップを取り付け、次の場所へ移動します。

頭部キャップ設置
CPP工法が分かる1分動画
早い・安い・キレイ
次の時代の人と環境に即した、新しい地盤改良

詳しく分かる施工概要はこちら

もっとよくわかる10分動画
なぜ安い?どうして早い?信頼性は?
そんな疑問にすべてお答えいたします。

詳しく分かる施工概要はこちら