他工法との比較

他工法との比較

土地の力を活かす工法

土地の力を活かすとは?

何もしてない土地でも、人間が歩いても沈みません。
これは土地が人間の重さを支えているためです。
このように土地にはある程度の重さを支える力があります。

他の地盤改良ではこの、「土地の力」を無視して考えています。
CPP工法では、「土地の支える力」と「杭の支える力」を合わせて設計します。

支持力

土地の力を活かす事で、杭長が短くなり本数が減る

「土地の支える力」と、「杭の支える力」を合わせる事で、他の工法に比べ、杭長を短縮させ、杭の本数を減らすことが出来ます。
また、杭そのものも細径化する事が出来たため、より資材のローコスト化が実現できました。
杭長・本数が短くなることで、施工時間も大きく短縮され、ほとんどの工事を1日で終わらせる事が出来ます。

支持力
CPP工法 CPP工法
CPP工法 CPP工法

完全撤去する事で、将来再び土地を活用する

今、日本で行われているほとんどの地盤改良は完全撤去出来ません。その為、破砕したり周りを掘って無理矢理抜いたりするため、撤去費用は高額になりがちです。

土地を売却する際の地中埋設物の撤去義務は売り手側にあるため、従来の地盤改良は土地の資産価値を低下させてしまいます。

CPP工法は低額で完全撤去可能な工法で、土地の資産価値を守ることができ、土地を再び活用させる事の出来る工法です。

支持力

お問い合わせ

tel.025-282-7676

受付時間:9:00時〜17:00時 (土日祝を除く)

メールでのお問い合わせはこちら